葉酸サプリ 妊娠

妊娠のために葉酸を摂る方法は?

妊娠をすると積極的に摂取したい栄養素があります。それが葉酸というものです。

葉酸が含まれている野菜には、ほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれているのです。妊娠中には野菜も大切なので料理されると思いますが、毎日同じ食材を使用するわけにもいきません。

そこで、葉酸を積極的に摂取する方法として葉酸サプリが人気を集めているのです。食後などに飲むタブレットになっているなど種類はたくさんあります。

また、この葉酸は出産後の母乳にも良いと言われているので妊娠中から飲まれるのは大変良い事なのです。葉酸サプリは薬局などでも購入する事ができるので便利です。

葉酸サプリの良い所は、今日は葉酸の食材が摂取できていないと思った時に飲めるので安心して続けられます。妊娠中に摂取しているとお腹の赤ちゃんにも良い影響をもたらしてくれるのです。

摂取する方法はいろいろありますが、続けていく事が大切なのです。あなたの赤ちゃんのためになります。

葉酸サプリメント 摂り方

妊娠を望む場合の葉酸サプリメントの摂り方

妊娠したら、葉酸サプリメントを摂取する女性は増えてきます。

実は葉酸サプリは、妊娠する前から摂取するのが良い方法です。赤ちゃんが欲しいと望む女性は、葉酸の栄養成分を、積極的に摂取するとよいでしょう。葉酸サプリの摂り方としては、妊娠一ヶ月前から摂取するのが望ましいと言われています。

もちろん、もっと前から摂取しておいても良い栄養成分です。妊娠を望む女性も知っておきたいのは、葉酸の栄養成分が、なぜ必要になるのかということです。

それは、赤ちゃんができた食の頃に、栄養成分の葉酸が少なくなると、神経系にトラブルを抱えた子供になる可能性が高まるためです。赤ちゃんをお腹に宿す前から、葉酸サプリの摂り方としても、1日に400μgを目安にするのが望ましいとされています。

葉酸というのは水溶性ビタミン群の一つで、ほうれん草より見つけられた栄養成分です。

ですが、植物成分だけではなく、動物性食品にも含まれます。手軽に摂取できるのは、やはり葉酸サプリでしょう。

葉酸不足

妊娠初期の葉酸不足による影響

妊娠初期には、葉酸サプリ等の補助食品で、葉酸の摂取をするように勧められています。
葉酸サプリ 妊娠それは、妊娠初期に葉酸が不足すると胎児と母体に影響があるからです。
胎児への影響とは、先天異常の神経管閉鎖障害になる危険が高くなります。
脳や脊髄のもととなる神経管が、うまく作られなくなってしまうことにより起こる障害のことです。
二分脊椎により、歩行困難になってしまったり、排尿障害が出ることがあったり、無脳症と言い、脳が欠けていたり、形成されなかったりすることがあります。
遺伝等も含めて多くの原因がありますが、葉酸には、胎児の細胞の成長を助ける働きがある為、葉酸不足ということも深く関係しています。
母体への影響には、貧血になりやすかったり、動悸や息切れ等の症状が出てくることがあります。
このようなリスクを減らす為にも、葉酸の摂取は大切となってきます。
葉酸が含まれている食べ物は様々ありますが、葉酸サプリが推奨されている理由は、食材を火にかけたり、水で洗うと減少してしまう栄養素の為、調理前と比べると、摂取する時には半分以下の量になってしまい摂取が難しい栄養素の為です。
妊娠初期は、つわりがある方も多く、食べ物を口にするのも大変な方もいると思います。
そのような時には、葉酸サプリを使用して少しでも妊婦の推進摂取量の400μgに近付けると良いでしょう。

葉酸 妊娠前

妊娠前から安定期まで必要な葉酸とは?

葉酸とは、ほうれん草等の葉野菜や、大豆、レバー等に多く含まれている栄養素です。
葉酸は、胎児の身体を作る時に関わりを持つとても重要な栄養素です。
葉酸 妊娠前

妊娠中に葉酸が不足していると、胎児が神経管閉塞障害に掛かるリスクが高くなります。
二分脊椎症や無脳症等、脊椎や脳の神経に影響が出るのが神経管閉塞障害で、流産や死産となる可能性が高くなってしまいます。

葉酸が妊娠前から安定期までにもっとも必要と言われているのは、その頃に、胎児の細胞が一番活発に作られている時期だからです。
この葉酸ですが、葉酸サプリで摂取を補うことが推奨されています。

葉酸は、熱や光、水に弱いため、料理を行っているうちに量が半分以下に減少してしまうと言われています。
また、身体への吸収もし難い栄養素です。

妊婦が1日に摂取すると良いと言われている量は400μgですが、この量を摂取するのはとても大変なことなので、どうしても不足しがちになってしまいます。

その為、簡単に摂取ができる葉酸サプリを使用することが勧められています。
妊娠希望の方から、妊娠中の方まで、葉酸サプリを使用して効率良く葉酸を摂取していくと良いでしょう。

葉酸 食品

食品から摂取する葉酸と葉酸サプリの違いとは

葉酸が多く含まれる食品としてほうれん草などがあげられますが、摂取する際には加熱調理等をしますよね。

葉酸は、加熱や調理によって著しく成分が失われてしまいます。

なので、食品から葉酸を摂る場合は思ってるほど葉酸を摂れていない事が多いです。生野菜等に含まれる葉酸量は、多くの場合、生食の場合の食事性葉酸が表示されているので、実は葉酸の実際の摂取量に違いが出てきてしまうのです。

また、食品に含まれる葉酸は「食事性葉酸」と呼ばれ、「ポリグルタミン酸型葉酸」と言う成分になります。「ポリグルタミン酸型葉酸」は、体内で吸収するために、「モノグルタミン酸型葉酸」に分解されますが、量は減ってしまいます。

葉酸サプリはこれと違い、「モノグルタミン酸型葉酸」と言う成分で出来ています。葉酸サプリは、身体にそのまま吸収されるので、摂取量はそのままです。

葉酸サプリでの摂取が推奨される理由として、食品からの摂取の難しさがあるようです。

葉酸 妊活中

妊活中に必要な葉酸が含まれる食品・食材

妊活中に必要な栄養素である葉酸ですが、どのような食材に多く含まれるのでしょうか。葉酸を多く含む食材を紹介します。
葉酸サプリ 妊活

葉酸は、野菜の多くに含まれている栄養素です。特に葉酸を多く含む野菜として、ほうれん草や、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜があげられます。また、野菜以外では、鶏や牛のレバーや、海苔などの海藻類、大豆などの豆類にも多く含まれています。

しかし、葉酸は水溶性のビタミンなので熱に弱く、水に溶け出しやすい性質を持っているため、調理によっておよそ50%近くが失われてしまいます。

そのため、食事だけでは葉酸を十分に摂取することは難しく、妊活中は食事に加えて葉酸サプリを摂取することが望ましいです。

妊活中に必要となる葉酸の量は1日400μgであるため、それと同程度の葉酸を補える葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。

1日の葉酸の摂取上限は1000μgなので、葉酸サプリを決められた量きちんと飲んでいれば、食事との併用でも摂り過ぎになることはありません。

葉酸サプリ 副作用

葉酸サプリの副作用は?

妊娠初期に葉酸サプリを摂取する事が推奨されていますが、副作用がないかと心配される方がいます。
葉酸サプリ 副作用

国立健康・栄養研究所によると、葉酸をとりすぎた場合の副作用として、発熱やじんましん、生まれた子どもがぜんそくになるリスク等が報告されているようです。

しかし、食事からの摂取の難しい葉酸をとり過ぎるという事はあまりなく、一時的に葉酸の摂取量が少し増える程度では何の問題もありません。

葉酸は食事からの摂取が難しいので、葉酸サプリを利用する人がほとんどです。食品からの摂取だと、摂取量の計算が難しいですが、葉酸サプリなら一日の摂取量の計算がしやすく、決められた摂取量以上を飲まなければ葉酸のとり過ぎにもなりません。

また、厚生労働省が推奨している、「1日400μg」という摂取量は、食品からの摂取も考慮して、サプリからの摂取が400μgという計算になっています。

とり過ぎる事に不安がり、妊娠中に必要な葉酸を摂取しないほうが問題なので、葉酸サプリで決められた量をきちんと守り摂取しましょう。

妊娠中 葉酸 栄養素

妊娠中に葉酸以外に摂りたい栄養素は?

妊娠中の食生活は、お腹の赤ちゃんにとって大切なポイントとなります。

毎日の食事がお腹の赤ちゃんの健康な身体をつくり、安産へと導いてくれるのです。

食事の栄養バランスが偏っていたり、十分な量の栄養を摂取できないと赤ちゃんの発育が妨げられてしまいます。

またお母さん自身の産後の回復状態にも影響が出てしまうのです。

大事な赤ちゃんとお母さんの身体のためにも、きちんと必要な栄養素を摂ることが大切です。

妊娠中に食事で摂取したい栄養素で有名なのが、葉酸です。

葉酸は細胞の分裂を促す働きがあり、赤ちゃんの成長には欠かせない栄養です。

一日に必要な摂取量を食事だけで摂るのは難しいといわれていますので、葉酸サプリを利用するのも良いかもしれません。

葉酸サプリは、手軽にしっかりと葉酸の栄養を摂ることができる便利なサプリメントです。

ですので食事だけでは足りない分を、葉酸サプリで補うようにしましょう。

葉酸以外にも必要な栄養素に、鉄分やカルシウムがあります。

妊婦のお母さんは貧血になりやすいため、鉄分をきちんと補うことが大切です。

そして骨や歯を作ってくれるカルシウムも、積極的に摂取するように心がけましょう。