葉酸 妊活中

妊活中に必要な葉酸が含まれる食品・食材

妊活中に必要な栄養素である葉酸ですが、どのような食材に多く含まれるのでしょうか。葉酸を多く含む食材を紹介します。
葉酸サプリ 妊活

葉酸は、野菜の多くに含まれている栄養素です。特に葉酸を多く含む野菜として、ほうれん草や、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜があげられます。また、野菜以外では、鶏や牛のレバーや、海苔などの海藻類、大豆などの豆類にも多く含まれています。

しかし、葉酸は水溶性のビタミンなので熱に弱く、水に溶け出しやすい性質を持っているため、調理によっておよそ50%近くが失われてしまいます。

そのため、食事だけでは葉酸を十分に摂取することは難しく、妊活中は食事に加えて葉酸サプリを摂取することが望ましいです。

妊活中に必要となる葉酸の量は1日400μgであるため、それと同程度の葉酸を補える葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。

1日の葉酸の摂取上限は1000μgなので、葉酸サプリを決められた量きちんと飲んでいれば、食事との併用でも摂り過ぎになることはありません。

妊娠中 葉酸 栄養素

妊娠中に葉酸以外に摂りたい栄養素は?

妊娠中の食生活は、お腹の赤ちゃんにとって大切なポイントとなります。

毎日の食事がお腹の赤ちゃんの健康な身体をつくり、安産へと導いてくれるのです。

食事の栄養バランスが偏っていたり、十分な量の栄養を摂取できないと赤ちゃんの発育が妨げられてしまいます。

またお母さん自身の産後の回復状態にも影響が出てしまうのです。

大事な赤ちゃんとお母さんの身体のためにも、きちんと必要な栄養素を摂ることが大切です。

妊娠中に食事で摂取したい栄養素で有名なのが、葉酸です。

葉酸は細胞の分裂を促す働きがあり、赤ちゃんの成長には欠かせない栄養です。

一日に必要な摂取量を食事だけで摂るのは難しいといわれていますので、葉酸サプリを利用するのも良いかもしれません。

葉酸サプリは、手軽にしっかりと葉酸の栄養を摂ることができる便利なサプリメントです。

ですので食事だけでは足りない分を、葉酸サプリで補うようにしましょう。

葉酸以外にも必要な栄養素に、鉄分やカルシウムがあります。

妊婦のお母さんは貧血になりやすいため、鉄分をきちんと補うことが大切です。

そして骨や歯を作ってくれるカルシウムも、積極的に摂取するように心がけましょう。