妊娠前から葉酸の不足を補う必要性

葉酸不足

妊娠前から葉酸の不足を補う必要性

妊娠中やその前から摂りたい栄養素が葉酸です。これはビタミンB群の中の一つで、ほうれんそうや小松菜など葉物の野菜に多く含まれています。

この栄養素が不足すると胎児に悪い影響があり、先天性の障害を持った子供が生まれてくる可能性があることから、厚生労働省も妊娠1カ月前から十分な量を摂取するように呼びかけています。

それには葉酸サプリが効果的です。葉酸の働きは先ず、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防です。これは胎児の中枢神経がうまく作れないという障害で、これを予防するのに葉酸が有効です。

また普段から葉酸を摂取しているとそのリスクを70%も抑えることができるとされています。

そして葉酸は貧血にも効果を発揮します。貧血にはよく鉄が必要だといわれますが、鉄と合わせて葉酸、ビタミンB12を摂ることで効率よく、赤血球を作ることができ、貧血しにくい体質ができます。

葉酸が不十分だった場合、赤血球がつくられても十分な機能を果たさない不完全なものになることがあるからです。

このように葉酸は妊娠中だけでなく、その前から十分に摂ることが大切ですが、食べ物だけで摂取しようとすれば一日に350グラムもの野菜を食べなければならず、葉酸サプリで補うのが最も効率的です。

また葉酸サプリではビタミンB12など他の栄養素も加えられていることが多くより効果的に働きます。

葉酸サプリ 無添加

葉酸サプリは無添加がおすすめ

妊娠を望む女性にとっても、妊娠初期の妊婦さんにとっても、葉酸の栄養成分は大切な栄養成分となります。

食材でも摂取ることができますが、野菜などの食材では、毎日必要な量を摂取することは困難です。

そこで心強い味方となるのが、葉酸サプリの存在です。葉酸サプリは、さまざまなメーカーから販売されています。選びたいのは、無添加の葉酸サプリです。

葉酸の栄養素を必要とするのは、生まれてくる赤ちゃんのためです。胎児の先天性奇形などを予防することにもつながります。赤ちゃんのためにも、ダイレクトに栄養成分として関係していますから、無添加で安心できる葉酸サプリを摂取することも大切になってきます。

妊娠を願う女性であれば、葉酸は1日に0.4mg、そして妊娠中であれば0.4mgくらい、授乳中になったら0.3mg程が、1日に摂取する適量と言われています。

継続的に摂取するものですから、添加物を使っていない、無添加の葉酸サプリを選びたいものです。